Pageviews    Unique Visitors     Visiting Now

みちのくツーリング 2018 <野焼きの煙が漂う道>   Oct. 21, 2018

津軽富士見湖を後にして、お岩木山を背にしながら十三湖へ向かう道。
路肩には農作業車優先という標識が立ち、のどかな雰囲気のまっすぐな道がつづく。
a0106043_23111480.jpg





信号機はほとんど無いし、なんといっても交通量が首都圏とは比較にならないほど少なくて快適なんだけど、
ほうぼうで、というか行く先々至る所で(たぶん稲藁の)野焼きをしていて、風に流された煙が漂って、景色が霞むほどだった。
煙の中を通過すると、郷愁を覚える懐かしい匂いがして、子供のころ煙が目にしみて痛かったのを思い出した。
a0106043_01375127.jpg

農業には必要な作業と認められているが、辺り一面を覆う大量の煙が及ぼす近隣の生活環境への影響について、慎重な対応が必要な場面もあるかもしれない。

[PR]

by jackaroe | 2018-11-07 00:08 | touring | Comments(2)

Commented by タカ at 2018-11-08 17:24 x
banabanaさん。こんにちは。
みちのくツーリング満喫されたようでなによりです。
写真にある稲わらの煙。最近はだいぶ少なくなってきてますが、昔はひどかった。
こちらでは、「稲わらスモッグ」なんて言っていました。
目はチカチカするし、喉は痛くなるし、風のない日は町中煙だらけで視界がきかない日もありました。
秋田では田んぼで稲わらを焼くと近所から通報されすぐに消防が飛んで来て注意されます。

こちらは、間もなく雪が降りそうな感じです。冬眠前にどこかツーリングしに行こうっと。
Commented by banabana at 2018-11-11 03:14 x
昔はそんなにすごかったんですか!? \(◎o◎)/!
呼吸器系の疾患がある人にとっては命にかかわる問題ですね!
大潟村で皆が一斉に藁焼したら、宇宙から見えるかも!

でも、秋田の米は本当においしいですね!

<< みちのくツーリング 2018 ... みちのくツーリング 2018 ... >>