Total Access 無料カウンター   Unique Visit 無料カウンター    Visiting Now

タグ:Z ( 78 ) タグの人気記事

Broken down  危うくエンジンお釈迦にするとこだった!

a0106043_0373137.jpg
電動ファンが回らない!


Show more
[PR]

by jackaroe | 2016-09-10 17:10 | car | Comments(2)

Rims  <XXR527 GALLERY>

a0106043_2324665.jpg
Wheel : XXR527 & Tyre : POTENZA S001
Front : 18x8.75 [+20mm] & 225/45R18  Rear : 18x9.75 [+20mm] & 245/45R18
with Fender Mole : 7mm


Show more
[PR]

by jackaroe | 2016-08-12 17:37 | car | Comments(0)

Rims (2016 summer ver.)

a0106043_213756.jpg
New Rims from U.S.A.


Show More
[PR]

by jackaroe | 2016-07-30 09:56 | car | Comments(2)

CONCAVE STYLE


a0106043_0261490.jpg
Independence Day Sale 2016
New Rims From CA ・・・


See More
[PR]

by jackaroe | 2016-07-12 22:58 | car | Comments(2)

恐怖! 圏央道で逆走車両に遭遇した!   Jan. 10, 2016

<圏央道 東行き 桶川北本ICから2kmほどの所>
前走車両をパスしようと追い越し車線に入ってすぐだった。
対向車線のハイビームか何か?・・・と思いきや!・・・まさかまさかの逆走車両だった!\(◎o◎)/!
a0106043_22254630.jpg

実は、逆走車両に遭遇したのは2回目だ。
前回も夜だった。 中央分離帯のある片側2車線道路の右側車線を
中高年風夫婦の旦那さんらしき人の運転するSUV(たぶんフォレスター)が結構なスピードで逆走してきた。
その時には、一瞬 『えっ!? 何? なんで?』 と・・・脳の状況分析が追い付かずほぼパニック状態!
なんとか接触せずに回避できたものの・・・あり得ない状況に遭遇すると、咄嗟の対応が難しい。
最近の逆走事例報道等々の多さを考えると、
今後は 『いつ遭遇してもおかしくない!』 くらいの心構えをもって走らなければいけないかもしれない。
[PR]

by jackaroe | 2016-01-11 23:26 | car | Comments(2)

THANKS!2015    SACLAM CILENCER & MAXIM M-BIT EX-MANI

焼けてもなお相変わらずの美しさを見せる SACLAM CILENCER
この楽器のような美しいカタチのマフラーが、シビレルような音色(ねいろ)を奏でるのだ!
(実際、サクラムの助手席試聴で初めて 『生音』 を聞いた時には鳥肌がたった)
『生音』 っていうところがポイント!
実際に走りながら生の音を体感しなければこのマフラーの本質を知ることはできない。
パーシャルでアクセルを踏み込んでいく時に2倍音3倍音を伴って綺麗に鳴くsaclamサウンドは
ネット上で見かけるブリッピングの動画等々からイメージする音とは全く別のものだから。
a0106043_16171760.jpg


See More
[PR]

by jackaroe | 2015-12-27 16:51 | car | Comments(2)

ADVAN NEOVA AD08R  ちょっとだけインプレ

ふたつ前の POTENZA S001 から履き換えた DIREZZA ZⅡ★ は、装着後の初走行で 「うぉっ!音でっけぇ~!」 とビックリするほどのロードノイズと、ある一定の速度になると 「ブゥゥゥ~ン」 という共振音が出ていたのだが、この NEOVA は静か! とにかく本当に静かなのだ!
a0106043_22201667.jpg
先日の東北ツーリングが初走行 となったわけだが、走行距離 100km までは、きっちり 80km/h 以下を守って馴らしを完了し、馴染むまでは優しく、後半はゴリゴリと東北の快走ワインディングを堪能して帰ってきたら、走行距離は 1800km ほどになった。
このタイヤの静かさは、オールラウンダーの POTENZA S001 と変わらぬほどで、しかも乗り心地まで良いのだから恐れ入る。
乗り心地が良いといっても、すなわち柔らかいという意味ではなく、直進性も良いしカッチリしているが、いかにもスポーツタイヤ然としたゴツゴツ感がないという意味で、サイドウォールが柔らかいとか腰砕けの印象などは皆無、スポーツタイヤとしての乗り心地がすこぶる良いのだ。
そして、ADVAN NEOVA AD08R の真骨頂であろう山岳ワインディングでのパフォーマンスときたら、今までマイベストであった DIREZZA ZⅡ★ と同等どころかそれ以上の感触だった。
ハンドリングレスポンスは素直でクイック、グリップ限界は恐ろしく高いのだが、そこからのブレイクがとても穏やかでコントローラブルなのだ!
静かで乗り心地が良くてスポーツ走行でも文句無し! こりゃマイッタね。
正直ここまでの期待はしていなかっただけに、内心ホクホク、走るのが楽しくて堪らなくなってしまった!
[PR]

by jackaroe | 2015-08-03 22:34 | car | Comments(2)

ブルーワイドミラー 600R

かねてより要改善項目であった後方の視界の悪さを改善すべく、ブルーワイドミラーを導入!
上が今までの純正ミラーの画像、下がブルーワイドミラー装着後の画像。
a0106043_23585368.jpg

これで運転がより一層安全で楽になりそう!
[PR]

by jackaroe | 2015-08-02 00:06 | car | Comments(2)

新しい靴 <ADVAN NEOVA AD08R>     May. 30, 2015

「新しい靴」 7セット目は、一度履いてみたかった ADVAN NEOVA AD08R。
これまでのタイヤ履歴は、
POTENZA RE-040 → AZENIS RT-615 → POTENZA RE-11POTENZA RE-11POTENZA S001DIREZZA ZII★
POTENZA S001 までは、Front 225/45R18, Rear 245/45R18 + 鋳造wheel。
DIREZZA ZII★ からは、 Front 245/40R18, Rear 275/35R19 + nismo 鍛造wheel。
サイズの恩恵が大きいかもしれないけれど DIREZZA ZII★ の 「グリップ限界」 は歴代No.1、そして完璧なドライグリップとハンドリング、ウェットグリップも全く不安なし、乗り心地も良し、さらにハイグリップタイヤにしてはライフも上々で、それまで MYベストだった POTENZA RE-11 を越え、新たに MYベストパフォーマンスタイヤとなった。
ただ、『MYベストの評価』 は、自分が 「グリップ限界」 の高さに比重を置いているからで、『客観的かつ一般的な評価』 ならば、全ての要素において優等生の POTENZA S001 が間違いなく No.1 だろう。

さて、ADVAN NEOVA AD08R の実力やいかに!? 
a0106043_13313813.jpg


See More
[PR]

by jackaroe | 2015-05-31 09:10 | car | Comments(6)

絶景なり鷹狩山   May. 30, 2015

鷹狩山に来ています!
a0106043_22464087.jpg


See More
[PR]

by jackaroe | 2015-05-30 09:24 | touring | Comments(4)